ユーザー

確認
$ git config --global -l

変更
$ git config --global user.name "ユーザー名"
$ git config --global user.email メールアドレス

クローン

$ git clone git@サーバー名:リポジトリ名

オリジン

確認
$ git remote -v

追加
$ git remote add 対象(origin等) git@サーバー名:リポジトリ名

削除
$ git remote remove 対象(origin等)

ブランチ

ローカルブランチ確認
$ git branch
リモートブランチ確認
$ git branch -r
ローカル&リモートブランチ確認
$ git branch -a

ローカルブランチ作成&切り替え
$ git checkout -b ブランチ名
指定コミットからブランチ作成
$ git branch -l 新ブランチ名 コミットID

既存ブランチに新規切り替え
$ git checkout -b ブランチ名 origin/ブランチ名
取り込み済みブランチに切り替え
$ git checkout ブランチ名

ローカルブランチ名変更
$ git branch -m 現ブランチ名 新ブランチ名

ローカルブランチ削除
$ git branch -D ブランチ名 
リモートブランチ削除
$ git push origin --delete ブランチ名

取得・確認

プル(リモートブランチをローカルリポジトリにマージ)
$ git pull

コミットログ閲覧
$ git log ファイル名(省略ですべて)
直近のコミット内容閲覧
$ git diff HEAD^

取り消し

ローカルでの変更を取り消す
$ git checkout ファイル名
変更した全てのファイル
$ git checkout .
新規も含む全てのファイル
$ git clean -df .

直前のcommitを取り消す
$ git reset --soft HEAD^

反映

変更ファイル表示
$ git status
コミット対象ファイル追加
$ git add ファイル名

新規コミット
$ git commit -m "コミットメッセージ"
修正を前のコミットに含める ※プッシュ後はやらない方が良い
$ git commit --amend
vi-> :wq!
直前のコミットメッセージ修正
$ git commit --amend -m "コミットメッセージ"

作成したブランチをプッシュ(ローカルをリモートに送信)
$ git push origin ブランチ名
強制プッシュ(プッシュ済みのコミットを修正した場合)
$ git push -f origin ブランチ名

マージ

delevopをmasterにマージする例

$ git checkout develop
($ git checkout -b develop origin/develop)
$ git pull

$ git checkout master
($ git checkout -b master origin/master)

$ git merge --no-ff develop
vi-> :wq!

$ git push origin master